FC2ブログ

ねことヘアピン

唯梓SS中心に自由気ままに綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【唯梓連載「梓の○○」シリーズその3 梓の混乱@後編】


【唯梓連載「梓の○○」シリーズその3 梓の混乱@後編】





あれから2日が経過した。
あの晩を境に、私は毎日の様に見ていた不思議な夢を見なくなっていた。
少し残念だが仕方ない。



(夢はただの夢だし…ね)



それよりも今は現実の唯先輩の方が大事である。

唯先輩は、ここ2日前から部活に来なくなっていた。
廊下で見かけてもいつもみたいに抱きついてこないし、休んでいる理由を聞こうとも思うのに、それも叶わずいつの間にか私の横を通り過ぎてしまっている。

部活に行って休んでいる事情を先輩達に聞いてみても、「何か用事が忙しいから休んでいる」としか聞いていないらしい。



そうこうしている内に、唯先輩が来なくなってから3日が過ぎた。

いくら何でも休み過ぎだ。まだまだ出来てないフレーズだっていっぱい有るのに…。
私は律先輩にお願いして、明日唯先輩に部活へ来るよう説得をして貰う事にした。



そして今日、お昼時に律先輩からメールで唯先輩が来るとの連絡が入った。
ちなみに唯先輩は今日も休むつもりでいたらしい。
4日振りに先輩と顔をちゃんと合わす事になる。



(やっと唯先輩に会える)



私は午後の授業を受けながら、放課後の事ばかりを考えていた。










練習前のティータイム。
色とりどりのお菓子に、ムギ先輩の淹れてくれた美味しい紅茶。

いつもなら楽しい時間のはずなのに、ここ最近は会話があまりなくみんな黙々と食べていた。
それは今日も同じくだ。



「唯ちゃん、もうクッキーいいの…?」



大好きなお菓子が目の前にあるのにも関わらず、あまり食べずに手が止まっている唯先輩に、ムギ先輩が心配そうに話し掛けた。



「………」



返事がない。
唯先輩の方を見ると、ぼーっと視点が定まっていないような虚ろな目をしていた。



「唯…?」



隣に座っている律先輩が唯先輩の顔を覗き込む。
律先輩に呼ばれて初めて気が付いたのか、唯先輩はピクッと肩を上下に動かして反応した。



「ぇ、ぁ、な、なに?わ、私なら大丈夫だよ~」



見られている事に気付いた唯先輩は、慌てて手を大げさに振りながらへらへらと私達に笑いかける。
その笑顔はどことなく苦しそうで。
作り笑いをしているのがバレバレだ。



でも私は深く理由を聞き出さなかった。
唯先輩が言いたくなったらきっと話してくれる、と信じているから。
それは他の先輩達も同じだろう。



「そっか…」



律先輩は何か言いたそうな顔をしながらそう呟くと、目線を唯先輩から外した。

また各自主々にお菓子を食べ始める。
…が、やはり会話はない。音楽準備室に再び重い沈黙が走る。


そんな沈黙を一番に破ったのは、唯先輩だった。



「そ、そろそろ練習しようよ!いっぱい休んじゃったから早くギー太弾きたいな~っ」



私は少し離れた席に座っている唯先輩を見る。
先輩はどこか慌てている様な、焦っている感じだった。



(あぁ…唯先輩はこの空気を何とかしなきゃと思ってるんだ)



何か答えようと私は口を開くが、上手く言葉が浮かんでこない。



「…珍しい事もあるもんだな、明日は雪でも降るんじゃないか~?」



先に律先輩がいつもの調子で唯先輩に話し掛けた。
唯先輩は一瞬ホッとしたような顔をした後、いつもの感じでおどけた顔をした。



「ひ、ひどいよ律っちゃん!私だって一応ギタリストなんだから!」



久しぶりの律先輩と唯先輩のふざけ合い。
そんな2人のやり取りを見て安心したのか、澪先輩は軽く息を吐きながら椅子から勢い良く立ち上がった。



「よし、唯も久しぶりで気合い入ってるみたいだし、ちょっと早めだけど練習始めるか!」



澪先輩が椅子から立ち上がるのと同時に、唯先輩達が「おー!」と言う掛け声と共に拳を上へと掲げる。
私も遅れて「おー!」と言いつつ拳を上げた。



唯先輩の一言で、部屋の空気がガラリと一変した。
やっぱり軽音部には唯先輩が必要なのだ。
それに律先輩に澪先輩にムギ先輩。
この4人が集まる事で、軽音部のバランスを上手く保っているのである。


そんな事を考えながら私はチラッと唯先輩を見る。
その時、先輩がギターケースを開けながら溜め息をついている所を、私は見てしまった。










「で、出来たぁ!」


「やりましたね、先輩!」



他の先輩達が帰った後、私はギターパート練習と要して、唯先輩が一番苦手としているフレーズを中心にみっちりと付きっきりで個人レッスンをしていた。

律先輩と澪先輩は、寄りたい本屋が閉まってしまうとの事で先に帰り、ムギ先輩は「終わるまで待っとこうか?」と言ってくれたが、違うパートだし待たせるのは申し訳ないので先に帰って貰った。



「唯先輩はやれば出来るんですから、もっと日頃から練習をry」



先輩が出来た事が嬉しい癖に、私の口からは次々と小言が出てくる。
その間先輩は何故かそわそわと忙しなくしていた。



「う、うん…分かったから、あずにゃん、手…」


「大体唯先輩は…え、手?あっ…!」



私は目線を下に下ろす。
そこにはギュッと先輩の手を握っている自分の手があった。
嬉しさのあまり、無意識に先輩の手を握り締めていたのだ。


私は慌ててバッと先輩の手を離し、一定の距離離れる。
手を離した途端、先輩はせかせかと体を動かしながらギターのストラップを肩から外した。



「そ、そろそろ片付けよっか」


「そ、そうですね」



私達はお互い歯切れの悪い声を出しつつも、ぎこちない雰囲気の中片付けをし始める。



(び、びっくりした…まさか私から握っちゃうなんて…。そういえば唯先輩に触れたの久しぶりだったな…)



私はさっきまで触れていた先輩の手の温もりを思い出す。
しかし唯先輩があんなに動揺しているのは珍しかった。
あれぐらいのスキンシップでどうこうする人じゃないのに。



「じゃ、じゃあ、私片付け終わったから…」



考え事をしていたせいか、先輩の方が先に片付け終わったみたいだ。
先輩はギターを背負いながらドアの方へと歩き出している。



「あ、もう少し待って下さい。今支度します」



私は急いでクロスで磨いたギターをケースへと片付け始める。



「い、いや、さ、先に帰るよ…」


「え?同じ方向なんですし一緒に帰りましょうよ」



先輩の何処かドモっている声に不思議に思いながらも、私はギターから顔を上げて先輩を見た。



「ちょっと私…そ、その、用事が…」



先輩は目を泳がせながらしどろもどろとしている。
その様子は誰が見てもおかしいと感じるだろう。
私は先輩の行動に不審に思いながらも、次の質問をぶつける。



「前から気になってたんですが…最近部活を休んでる用事って何なんですか?」


「い、いや…それは…」



先輩はモゴモゴと聞き取りにくい声で口籠もると、顔を伏せて俯いてしまった。
ドアの前で俯きだんまりになっている先輩に、私はそろそろと近付く。



「唯先輩?」



声を掛けながら、垂れている髪で隠れてしまっている先輩の顔を覗き込む。
すると僅かだが先輩の口が動いた。



「…………めん…‥」


「え?聞こえなかったです。なんです…いだっ!?」



何か呟いたと思ったら、いきなりすぐ傍にある私の鼻にガブリと噛み付いてきた。
私はビックリして、思わず先輩の胸を両手で強く押してしまう。
突き飛ばされた先輩は、ふらっと後ろに倒れそうになりながら私から離れると、急に走ってドアを乱暴に開け、音楽準備室から出て行ってしまった。



「え?…え?」



手で鼻を抑えつつも、音楽室に一人取り残された私は茫然とする。


先輩に噛み付かれた鼻だけが、何時までもヒリヒリとしていた。










To Be Continued




ここまで読んで下さり有難うございます!
なんだかシリアスモードで書いてる時私までモヤモヤとしてしまいました…orz
次も梓視点になりますがお付き合いよろしくお願いします。

さて、次は拍手SSである【吾輩は梓である】の続きを書きつつ、この間コメで要望して下さった拍手SS【トイレ】の続きを書こうと思います。
こちらは完全18禁となりますので、拍手ではなくブログで上げさせて頂きますね。
ではでは!

| 【「梓の○○」その3 梓の混乱】 | 23:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/08/11 22:04 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jascojasco.blog27.fc2.com/tb.php/47-125354ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。